破産するための手続きについてわかりやすく解説したサイト

破産手続きおまとめガイド

破産費用

自己破産でかかった費用のすべて(破産にかかるすべての手続にかかるお金)

投稿日:

毎年、この季節になると弁護士に相談したことを思い出します。破産相談を受け、現時点で2年が経過しました。

まだ、弁護士に費用の返済をしているところではありますが、破産するためにいくらのお金がかかったのか?

そんなお金のことをまとめます。

スポンサーリンク

破産にかかるすべてのお金

まず、一般的にかかると言われている費用はこちらの記事で紹介しました。

破産にかかる費用はどのくらい準備すべきなのか?

破産をしようと思った時、間違いなく最初に気になるのは、「いったいどのくらいの費用がかかるのか?」というお金に関する部分でしょう。 そもそも、借りたお金が返せなくなっている状態なので、破産という手続きに ...

続きを見る

私の場合、会社の破産、個人破産の両方をやっていまして、ざっくりかかった金額は120万円くらいです。

本来はすべての費用が揃わないと手続きをしていただけないという状況だったようなのですが、私は申請してくださった弁護士さんがとても良心的な方で、予納金と一部の弁護士費用を準備すれば残りはすべて分割で払ってOKということでしたので、お言葉に甘えて手続きをしました。

個人破産の方は、法テラスという機関を使うと弁護士費用を分割納入することができます。

確か、会社の予納金+弁護士費用が80万円、個人の予納金+弁護士費用が35万円だったと思います。

絶対に準備しないといけないのが予納金というもので、これは必須です。予納金というものって、弁護士さんが財産を管理する管財人の費用に充てられます。

私の場合、個人の資産はほぼゼロに等しかったので予納金は最低金額で済ませられています。ただ、会社のものは売上金を回収するものが一部あったのでこれでも安い金額で抑えることができています。

 

管財人の財産内訳

破産手続きが終わり、最後に管財人の事務所に立ち寄っったときに手渡されたのが、破産の収支報告書というものです。

要は、預かったお金、出ていったお金のすべてがここに記載されています。

お見せすることができないので抜粋して紹介します。

会社の支出は

  • 管財人費用
  • 未払いの税金
  • 未払いの決算手続き費用

という感じです。

個人破産ですが、これも自営業扱いの収入があったので回収金がありました。その中から払ったのが主に税金です。

つまり、管財人に預けた費用と売上金回収で集まったお金で税金を払ってもらったという感じです。

※売上金がない場合は、支払いはすべて破産決定後に自分で払うことになります。

 

破産費用の準備はいつまで?

前にも書いたのですが、破産費用の準備は弁護士に相談する時点で準備できているのが理想です。

ただ、それがちょっと無理という場合は、Xデーを決めると思いますのでそれまでに準備しておきます。

破産費用が無い!というときにお金を準備する方法

破産費用ってそこそこかかりますよね? 個人の自己破産、会社の自己破産、どちらも最低でも20万円、管財事件になると個人でも20万、会社だと70万円もかかってしまうのです。 しかし、もうどこからも借りられ ...

続きを見る

ちなみに、破産費用には、弁護士費用、予納金が含まれていて、予納金は管財人弁護士が管理します。

個人破産の場合ですが、破産申請の手続きをしてくれる弁護士費用は、その場で払えなくても法テラスを使って分割支払いすることができるはずです。

ただ、法テラスの場合は審査がありますので、その審査に通過しないといけませんので手間はかかりますが分割で払えるメリットは大きいので、利用するのがいいです。

法人の場合、基本的に分割はできません。弁護士事務所が分割対応してくれる場合を除き、基本的には弁護士費用、予納金が準備できないとXデーの準備ができないので気をつけてください。

 

 

予納金の金額は手間賃

破産してから知ったことですが、予納金というのは、回収する資産に応じて決まっているようです。

私、破産の手続きのお話に行った時、最初に聞かれたのが「闇金から借りてませんか?」ということ。

闇金からは借りてないけれど、消費者金融からは借りている

という返答をして、弁護士がホッとしたような表情をしていたことを覚えています。

闇金からお金を借りているという方、自己破産をしてもその借金だけは返済を逃れることができないということです。これは、管財人との最後の面談で聞いてきたことなのですが、闇金っていくつも絡み合っていて、実際の大元にたどり着くことがなかなかできないそうです。

そのため裁判をして、闇金の部分を暴き、それから自己破産になりますので、とても手間のかかる自己破産になります。

また、闇金の裁判にもお金がかかりますので、当然ですが弁護士費用が更にかかります。

つまり、いくらお金がなくっても闇金からは絶対にお金を借りないことが鉄則です。

 

 

 

-破産費用

Copyright© 破産手続きおまとめガイド , 2018 AllRights Reserved.