破産するための手続きについてわかりやすく解説したサイト

破産手続きおまとめガイド

破産費用

破産費用が無い!というときにお金を準備する方法

更新日:

破産費用ってそこそこかかりますよね?

個人の自己破産、会社の自己破産、どちらも最低でも20万円、管財事件になると個人でも20万、会社だと70万円もかかってしまうのです。

しかし、もうどこからも借りられないし、来月の給料だけでは足りない…というとき、社会福祉協議会がお金を無利息で貸してくれる制度というものがあります。

 

スポンサーリンク

 

社会福祉協議会の生活福祉金

こちらの生活福祉金貸付制度ですが、低所得者に限った制度になります。

ただし、一般的な年収がある方でも、債務整理(自己破産、任意整理)という方も利用できる制度になっていますので、ダメかもしれないと思わずに、申込み申請をして欲しいと思います。

生活福祉資金貸付制度ですが、色々な条件の貸付があります。

今回、自己破産というものに使えるものは「総合支援資金/一時生活再建費」というものになります。

資金の種類としては

  • 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うこと
    が困難である費用
  • 就職・転職を前提とした技能習得に要する経費
  • 滞納している公共料金等の立て替え費用
  • 債務整理をするために必要な経費

これって完全に自己破産をしようとしている人の助け舟になる存在となるはずです。

借りられる上限は60万円。

返済方法は10年以内で毎月返済になると思われます。

また、びっくりするのは、連帯保証人をつけると無利子で借りられるということ。保証人なしだと利息年利1.5%となります。

それでも、カードローンなどを使ってお金を借りるよりも遥かに安い金利で借りることができます。

貸付条件はかなり厳しい

まず、社会福祉協議会の貸付金ですが、審査は通常のローンよりも遥かに厳しくなっています。

何よりも、銀行など他の借入機関からお金を借りることができないような状態の方でないと借りることができないほど、厳しいと思ってください。

また、払い終えたものに関しては利用することができず、やむおえず支払いができないものに対しての貸付が基本となっています。

社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度について

こちらのサイトにも書かれていますが、債務整理に使うためのお金が無いという場合は、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用することができます。

 

社会福祉協議会とは?

各都道府県にある社会福祉協議会。

あまり馴染みがないという方も多いでしょうか。でも、必ず、この社会福祉協議会はお住いの自治体に設置されています。

基本的に誰でも利用することができる場所になっていますので、まずはお住いの地域にある社会福祉協議会に問い合わせをしてみましょう。

 

 

-破産費用
-,

Copyright© 破産手続きおまとめガイド , 2018 AllRights Reserved.