破産するための手続きについてわかりやすく解説したサイト

破産手続きおまとめガイド

破産について

破産とは?

投稿日:

破産とは…

破産(はさん)は、債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあることをいう。また、そのような状態にある場合に、裁判所が選任する破産管財人によって債務者の財産を包括的に管理・換価して、総債権者に公平に配分することを目的として行われる法的手続を指すこともある。破産手続。
日本では2004年(平成16年)6月2日に全面改正された破産法(平成16年法律第75号)が公布され、翌2005年(平成17年)1月1日に施行された。

※ウィキペディアより引用

破産という言葉を聞いたことがないという方はおそらくいないのではないかと思います。

破産とは、借りたお金やクレジット、ローンなどの毎月の返済ができない状態になったときのことを意味します。

借りているお金というのは、銀行、カードローン、クレジットカードのキャッシング、消費者金融、ヤミ金、知人や親戚などからのものをすべて含むものです。

また車や家を買った時に組んだローンも借りているお金にはいるため、そのローンも借りているお金に含まれます。

これは、個人であっても、事業を営んでいる事業主や会社であっても同じ言葉が使われます。

ただし、区別するために個人破産、会社破産と呼ばれることもありますが、手続き上は同じものとなります。

破産というのは、もう借金の返済ができない状態であると裁判所から認めてもらうことで、今返済しているすべての債務をなかったことにできる手続きのことになります。そのため、今ある資産(家や車など)はすべて売却されて換価されてしまうことになります。

 

 

破産という手続きと似たようなものとして、任意整理というものがあります。

任意整理は、お金を借りている人が一定の収入がある場合に、借りた人(債権者)に対して毎月の支払を交渉して、月々の返済を軽くしてもらう手続きのことです。

ただし、任意整理というのは、あくまでも消費者金融やクレジットカードのキャッシングの利用が多い人に恩恵がある手続きになりますので、返済がなくなるものではありません。

テレビCMなどで過払い金請求という言葉を耳にしていると思いますが、過払い金請求というのは、まさに任意整理の中の一つの手続きとなります。

また、任意整理の場合は、この債権者だけに手続きをしたい!という自由度が高いため、持っている家や車を手放すことはありません。

 

破産にしても、任意整理にしても、自分でできる場合もありますが、多くの場合は弁護士や司法書士に依頼することになります。

司法書士よりも弁護士のほうが手続きに慣れている場合もありますから、弁護士の無料相談を受けてみるのが一番です。

 

 

-破産について
-, , , , ,

Copyright© 破産手続きおまとめガイド , 2018 AllRights Reserved.